スポンサーリンク

ポイ活のデメリットから考える注意点・3つの知っておくべきこととは?

ポイ活
スポンサーリンク

ポイ活ってどんなデメリットがあるの?

ポイ活をするにあたって何か注意点は?

今回はこういった疑問にお答えします。

✅内容は

1、ポイ活のデメリット3つ


2、ポイ活のデメリットを踏まえた注意点とは?


3、ポイ活初心者でよくある失敗談とその回避方法

ポイ活にはどんなデメリットがあるのか真正面から真実をお伝えしますので、ぜひ参考にして見てください。

 

✒️この記事を書いた人

・ポイ活について毎日研究中(現在半年ほど)

・友達紹介抜きで多い時は月1万円を超えたことも(それ以外の月も最低数千円は稼いでます)

 

スポンサーリンク

・ポイ活のデメリット3つ

では早速どんなデメリットがあるか3つほど紹介します。

✒️ポイ活におけるデメリット3つ

1、疲れることもある


2、効率的なやり方を知らないとなかなか稼げないことが多い


3、メールが邪魔くさくなる

大きくいうとこの3つかなと思います。

ではそれぞれどういうことか説明していきます。

 

1、疲れることもある

やはりポイ活はジャンルによっては疲れることもあります。

具体的にどういったことが疲れるのかというと

・ゲームアプリ条件達成のポイ活


・SNSやブログでの友達紹介によるポイ活


・どこのサイトが最も効率いいとか考えること

この辺りでしょうか。

最初の2つに関しては単純に労力がかかるという意味で疲れると思います。もちろんゲーム好きであれば1つ目は全く苦ではないでしょう。

 

一方で3つ目に関しては脳が疲れますし、だんだんと細かいことを考えるのが嫌になってきます。

ただ今時便利なのがネットで、検索すれば効率の良い結果を教えてくれるので、これに関してはある程度は解決できます。

ただし疲れる分、安定して毎月ある程度稼げるのはこの辺りなのです。

 

逆に疲れないでやりやすいのは

・「毎日貯める」のところにあるもの


・アプリの無料ダウンロードだけでポイントがもらえる


・クレカや会員登録などのすぐに終わる案件

確かにこれらであれば疲れません。

一方でこれらは頑張っても安定して多くは稼げません。

理由としては最初の2つは単純に一回でもらえるポイントの数が少ないからです。

そして3つ目は確かに高額な案件とかがありますが、数には限界があるからです

 

・疲れるものはある程度安定して継続して稼げる

・楽なものはあまり稼げないor継続性がない

世の中の条理といった感じがしますね。

ただ僕のブログではできるだけ楽なアプリゲームとその攻略法を紹介してたりします。

またできるだけ効率的な稼ぎ方や、安定して稼ぐ方法も紹介してるので参考にしてみてください。

 

2、効率的なやり方を知らないとなかなか稼げない

これは先ほどの話と少し被ってきます。

稼げない典型例としては「毎日貯める」「アンケート」とかです。

こんな感じで確かに「チリも積もれば山となる」と言いますが、流石に大変かと思います。

毎日頑張っても何十ポイントくらいでしょう。

しかもそれを毎日続けるのはなかなか難しいです。

逆に効率的なのは「ショッピングの経由」「無料案件」「ゲームアプリ」「友達紹介」です。

こういったことを知らないとなかなか稼げないでしょう。

 

さらに中でもどのポイントサイトが効率的かとかもあります。

なのでそういったことはぜひ当ブログを参考にしてみてください。

 

3、メールが邪魔くさくなる

 

これは経験者の方はよくわかると思います。

・ポイントサイトに登録するとそこからのメールが頻繁にくる

・案件で別のサイトにメアドを登録するとそこからもメールがくる

こういったことが起こります。

 

ただこれらの対策は簡単です。

それはポイ活用のメールアドレスを作っておくことです。

詳しくはこちらをご覧ください。

ポイ活での迷惑メールや迷惑電話は簡単に対処可能。原因はポイントサイト以外にある!

 

スポンサーリンク

・ポイ活のデメリットを踏まえた注意点とは?

ではこれらのデメリットを踏まえつつポイ活をする際の注意点をお話しします。

✒️ポイ活の注意点

1、有名なポイントサイトを使う


2、iphoneには初期設定が必要


3、ネットを参考にして無理をしない

ではそれぞれ詳しく説明していきます。

 

1、有名なポイントサイトを使う

これは理由としては2つほどあります。

・悪質なサイトもあるから


・基本は稼ぎやすいために有名だから

まず1つは無名なものだとやはり悪質でせっかく貯めたのにポイントがもらえなかったりするかもしれないからです。

他にも安全面からやはり有名なものが一番です。

 

またやはり基本的に稼ぎやすいことが理由で有名になっているからです。

稼げないサイトであればそもそも人気も出ず有名でもありません。

 

ちなみに当サイトでおすすめしてるのは

・モッピー


・ポイントタウン


・ポイントインカム


・コインカム

これらは実際に僕が貯めてるサイトです。一番下のコインカムだけ少し有名度は落ちますが、今の所は安全です。

 

2、iphoneには初期設定が必要

iphoneのかたは設定を少しいじらないとポイントがもらえない可能性があります。

必要な設定はこちらの3つです。

・「クッキーをブロック」をオフにする


・「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオフにする


・Appからのトラッキング要求を許可する

最初の2つはiphoneの設定のsafariからいじれます。

最後の1つはiphoneの設定の「プライバシー」から「トラッキング」を選ぶといじれます。

 

詳しくはこちらを参考にしてください。

ポイ活を始める時に絶対に必要な3つのiphoneの設定。クッキーやトラッキングなどについて。

 

3、ネットを参考にして無理をしない

自分で効率良くする方法を考えるのは大変です。

無理をしないこと。そしてネットで調べたことを参考にするのは楽をするために非常に大切。

今時はポイ活に関する記事も増えてきてネットで調べると結構知りたいことが出てきます。

またポイントサイトの安全性も調べてくれてる記事があったりします。

そして一番大事なことは

無理をせず、疲れない範囲で行うことです。

じゃないと続きません。一度挫折したことのある僕がいいます。

 

スポンサーリンク

・ポイ活で初心者でよくある失敗談とその回避方法

最後によくある失敗談をいくつか紹介して終わろうと思います。

 

✒️ポイ活の失敗談

1、最初だけ頑張って半月で終わる


2、条件達成したのにポイントつかなくて萎える


3、調べるのに疲れて結局手をつけず終わる

全部実体験です。ではそれぞれ軽く説明していきます。

 

1、最初だけ頑張って半月で終わる

原因として考えられるのはこの辺りです。

 

・途中からできる案件がなくなってきて全然稼げなくなるから


・単純に半月で飽きた


・最初の半月頑張りすぎて燃え尽きた

この辺りでしょう。

 

ではこれらを僕はどうやって乗り越えたのかというと

 

こういう事実があることを認識し、徐々にギアを上げていく。

どういうことかというと、まずは最初は大きく稼げるけどそのあとは自分の頑張り次第だと認識しておいてください。

その上で最初はショッピングだけとかに絞ります。

そして慣れてきてから案件とか、ゲームアプリとかにも手を伸ばすといいでしょう。

 

慣れてないのに、一気にやろうとするから疲れたり、燃え尽きたりするのです。

 

2、条件達成したのにポイントつかなくて萎える

これも慣れてない頃はある話です。もし小さなポイントならいいですが、大きなポイントだとショックですよね。

 

その上で大事なことが3つあります。

・iphoneの設定を見直す


・ポイントサイトの条件をちゃんと読む


・ポイントがつかなかった場合の保証制度を使う

まず最初の2つは案件をこなす前に確認する必要があります。iphoneの設定に関しては上述しました。

条件のところもこうしないとポイントがつかないとかあるので気をつけましょう。

 

また事後的手段として保証制度があるところは多いです。

 

達成した証拠のスクリーンショットとかIDを送ることでポイントをつけてくれます。

なのでポイントがつかなくても焦らずに確認しましょう。

 

3、調べるのに疲れて結局手をつけず終わる

 

例えばどこのポイントサイトがショッピングには一番得かとかです。

 

こういったことを調べすぎるがあまり、疲れてまた後日にしようという風になりがちです。

 

どこが得か調べたらパッと決めてしまうことも大事です。

あまり悩みすぎても疲れるだけなので。

ちなみに僕が時間をかけて悩んだ結果ショッピングで一番還元率が高いのは「ポイントタウン」ではないかという結論に至りました。

 

スポンサーリンク

・まとめ:デメリットも知っていれば対策可能

ということで今回はポイ活のデメリットと注意点を紹介しました。

✒️ポイ活におけるデメリット3つ

1、疲れることもある


2、効率的なやり方を知らないとなかなか稼げないことが多い


3、メールが邪魔くさくなる

この3つでしたね。

ただこの辺りは知ってるだけで対策が可能です。

なので今回知ってあらためてこういう面もあるのだということを認識しておきましょう。

 

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました