アンケートサイトの稼ぎ方

リサーチパネルのポイント交換先や手数料、現金化の仕方など徹底解説

男性
リサーチパネルのポイント交換先や手数料など一目で分かりやすく教えてほしい。現金化のやり方も。
ポイント交換ができないのだけど、、
女性

今回はこういった疑問を解消します。

リサーチパネルはECナビとつながっていたりと交換が少しややこしいです。

そこをわかりやすく、また交換先の種類や手数料なども一目で見れる表にまとめたので参考にしてください。

 

ここでの情報をもとにぜひ利用するか検討してみてください。

✅内容は

簡単な流れ

  • リサーチパネルのポイント交換のやり方
  • リサーチパネルのポイント交換先と手数料一覧
  • リサーチパネルの現金化のやり方は?
  • 【おまけ】ポイント交換できない?

今回はこういった目次になります。

 

本記事を書いた人

  • webアンケートのみで月の最高額は5000円以上、合計1万円以上
  • 30サイト近くのサイトを調査済み
  • ポイントサイトで月の最高額は1万円以上(友達紹介なし)

今おすすめのアンケートモニターはこちら

おすすめの稼げるアンケートモニターはどこ?全27サイトを徹底比較します!

続きを見る

 

リサーチパネルの詳細はこちら

リサーチパネルの評判や口コミから稼げるのかと安全性を調査!稼ぐコツも紹介します。

続きを見る

 

・リサーチパネルのポイント交換のやり方

男性
では最初にリサーチパネルのポイント交換のやり方を解説します。

そもそもリサーチパネルはポイントサイトであるECナビと連動しており、そちらのポイントに変換されます。

さらにECナビはPeXという他社ポイントに交換しなければならず、最終的にはPeXから好きな交換先に交換します。

 

流れをまとめると

リサーチパネル→ECナビ(自動的に)、ECナビ→PeX→各種交換先(手動で)

こういった流れです。(最初のECナビには自動的に変換されるので考える必要はありません。)

ECナビからはPeXしか交換先がないので、PeXの交換のやり方も併せて解説します。

(ちなみにPeXへのポイント交換は300円から可能です)

 

・ポイント交換の3ステップ

では早速ポイント交換に必要な3ステップを解説します。

ポイント交換

  • ステップ1:PeXに登録(登録済みの方はスキップ)
  • ステップ2:ECナビ(リサーチパネル)からPeXに交換
  • ステップ3:PeXから好きな交換先へ交換

それぞれわかりやすく解説していきます。

✔️ステップ1:PeXに登録

ECナビにはPeXしか交換先がないので、とりあえず登録しないと始まりません。

こちらのリンクからPeXに登録することができます。

こちらの画像に飛ぶので無料会員登録に進みます。

すると会員情報を入力する画面になります。

ここのページの上に書いてるものが流れになります。

情報入力→内容確認→送られてきたメールにあるリンクをクリック→登録完了

ちなみに入力する必要のある情報は

登録情報

  • メールアドレス、パスワード
  • ニックネーム、氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号、住所

こんな感じです。

これでPeXの登録は完了となります。

 

✔️ステップ2:ECナビ(リサーチパネル)からPeXに交換

リサーチパネルで貯めたポイントは自動的にECナビに移されてるので、そこは何もすることがありません。

まずはECナビにPeXの口座番号を登録する必要があります。

PeXのホームページはこんな画面です。口座番号の確認方法は

右上のメニュー→マイページ→ポイント口座番号

これで確認可能です。

 

次にリサーチパネル(ecナビ)の操作です。

リサーチパネルでは「履歴・交換」を押します。

そしてそこから「ポイント交換ページへ」を押すと、自動的にECナビのポイント交換画面に飛びます。

この画面で先ほどのPeXの口座番号を登録して、PeXにポイントを交換できます。

 

✔️ステップ3:PeXから好きな交換先へ交換

ここまで来ればあとは簡単です。

PeXのページの上にある「交換先を見つける」に進みます。

ここから自分の交換したいものを見つけて、進むだけです。

 

交換先によっては何かしら入力がまた必要になったりします。

例えば銀行振込なら口座番号の入力が必要だったりするので、その辺りは画面の指示に従えば簡単に行うことができます。

 

・リサーチパネルのポイント交換先と手数料一覧

ここではリサーチパネルでポイント交換するときの手助けとなるように交換先を紹介します。

とはいえリサーチパネルはECナビに、ECナビはPeXに交換するしかありません。

なのでPeXからの交換先を紹介します。

 

ちなみにECナビからPeXへは300円から、手数料無料で交換できます。

 

PeXの交換先は全部で36種類あります。

※ほとんどの交換先はここで紹介しますが、相当マイナーなものは少しだけ省かせていただきます。

 

※リサーチパネル、ECナビ、PeXは全て10p=1円なのでそこだけ注意してください。

 

交換先は3つの分野に分けて紹介します。

交換先

  • ショッピング
  • 電子マネー、その他
  • 現金化

それぞれ紹介していきます。

 

・ショッピングの交換先と手数料

ショッピング系の交換先は全部で7種類です。ここでは主要な5種類を紹介します。

  最低換金額&レート 手数料
Amazonギフト券 980p→100円 無料
Cecile 1000p→100円 無料
Bells Maison 1000p→100円 50円
V-プリカ 5000p→500円 100円
nissen 5000p→550円 無料

残りの二つは「ヤマダデンキ」と「JCBプレモデジタル」です。

 

この中でお得に交換できるのは(おすすめです)

お得

  • Amazonギフト券(2%増量)
  • nissen((10%増量)

この2つは増量しているのと、手数料も無料なのでおすすめです。

Amazonギフト券は利用しやすいので助かります。

 

・電子マネー、その他の交換先や手数料

電子マネーなどその他の交換先は全部で22種類あります。(ここでは14種類紹介します)

  最低換金額&レート 手数料
dポイント 100p→10p(10円) 無料
楽天ポイント 1000p→100p(100円) 400円
LINEポイント 110p→10p(10円) 無料
Ponta 1100p→100p(100円) 無料
楽天Edy 1000p→100円 100円
WebMoney 5000p→500円 50円
Bitcash 5000p→500円 無料
WAONポイント  1000p→90p(90円) 無料 
nanacoポイント 1000p→100p(100円) 50円
Tポイント 1000p→100p(100円) 50円
ANAマイル 1000p→30マイル 無料
JALマイル 4000p→100マイル 無料
App Store&iTunesギフトカード 4900p→500円 無料
google playギフトコード 990p→100円 無料

残りの8種類は「Vポイント(visa)」「リクルートポイント」「nimoca」「ちょコムポイント」「ワールドプレゼント」「スターフライヤ(マイル)」「ANA skyコイン」「Apple Gift Card」です。

 

今回紹介した14種類の交換先の中でお得に交換できるのは(これはおすすめです)

お得

  • iTunesギフトカード(2%増量)
  • google playギフトコード(1%増量)

この2つです。どちらも手数料も無料です。

 

手数料無料で通常の額で交換できるものは(これもおすすめです)

手数料無料

  • dポイント
  • Bitcash

この2つが手数料無料で、且つ通常通りの額で交換できます。

 

これら以外の交換先は手数料がかかるか、1100p(110円分)で100p(100円分)などのように少し損をする額になってます。

なので交換先にこだわらない場合は上記の4つがおすすめです。

 

・リサーチパネルの現金への交換

現金への交換は特に需要が高いので別の章立てで紹介します。

PeXからの現金への交換は手数料もかかってくるので注意してください。

少額を分けて交換するよりは、ある程度貯めて一気に銀行振込する方が確実にお得です。

 

では現金への交換先(振込先)を紹介します。

  最低換金額&レート 手数料
楽天銀行 5000p→500円 50円
ゆうちょ銀行 5000p→500円 50円
みずほ銀行 5000p→500円 50円
paypay銀行 5000p→500円 100円
住信SBIネット銀行 5000p→500円 50円
その他の銀行 5000p→500円 200円
男性
大体こんな感じです。

どれも手数料がかかります。

中でも地方銀行などその他の銀行だと200円もかかるので正直あまりお勧めはできません。

 

これらを踏まえた上で交換してみてください。

ちなみに現金への交換方法は、最初に紹介した手順と一緒なのでここでは省きます。

 

・【おまけ】ポイント交換できない?

リサーチパネルで交換ができないという不具合がたまにあるようです。

僕は出会ったことがないので、原因がわかりません。

ただ今回紹介した方法でも交換できない場合の対処法は一つだけです。

 

カスタマーサポートにメールを送ることです。

カスタマサポートはこちらです。

 

ここから問い合わせをすることができます。

実際公式のページにも「交換できない場合は、問い合わせを行なってください。」という風に記載されていました。

なので一度メールを送ってみると、解決できるかもしれません。

 

・まとめ:リサーチパネルの交換先おすすめは?

ということで今回はリサーチパネルの交換方法や交換先を紹介しました。

最後にどの交換先がおすすめなのかまとめて紹介します。

おすすめはこちらの4つです。

おすすめ

  • Amazonギフト券(2%増量)
  • nissen(10%増量)
  • App Store&iTunesギフトカード(2%増量)
  • GooglePlayギフトコード(1%増量)

どれも増量が行われていて、かつ手数料が無料なのでお得に交換できるのです。

もし特に交換先が決まってない方はこの中から利用しやすいものを選んでみてください。

 

もっとアンケートで稼ぎたい人はアンケートサイトの掛け持ちが一番強いです。

掛け持つ分だけ額は上がっていくので。詳しくはこちらを↓

アンケートモニターは複数を掛け持ちしないと稼げない!?理由を説明します。

続きを見る

 

他にどんなサイトがお勧めか知りたい方は27サイトを1週間調査したランキングを参考にしてみてください。

おすすめの稼げるアンケートモニターはどこ?全27サイトを徹底比較します!

続きを見る

今回はこれで終わります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

-アンケートサイトの稼ぎ方