スポンサーリンク

大学受験では個別指導はあまりおすすめしない理由。上を目指すなら集団を

スポンサーリンク

大学受験で塾に入りたいけど個別指導か集団か迷う

子供を塾に入れたいけど個別指導って実際どうなの?

今回はこういった疑問を解消します。

 

内容は

・大学受験では個別指導をおすすめしない理由

・集団塾の方がいい理由

・個別指導が向く場合

です。

 

僕は受験生の時には塾には通っていませんでしたが、大学生になってから個別指導の塾でバイトをするようになりました。

 

その経験をもとに話していきます。

 

あくまで個別指導が上を目指す場合には、大学受験には向かないというだけの話であって、場合によっては適切なこともありますし、高校受験などではまた別の話です。

 

参考までに見ていってください。

 

スポンサーリンク

・大学受験で個別指導をおすすめしない理由

早速ですが、個別指導塾は上を目指したい場合にはあまりお勧めはしません。

 

もちろん学校の授業についていくとか、テストで良い点をとることが目的ならいいとは思いますが、大学受験の勉強には向いていません。

 

理由は3つあります。

 

お勧めしない理由

1、個別指導は中、高受験がメインのところが多い

2、講師がバイトのところが多い

3、効率はあまり良くない

 

ではそれぞれ解説していきますが、1つだけ注意点があります。

 

これらはあくまで大学受験を軸に考えたときの話であり、高校のテストが目的ならこれらはデメリットにならないということです。

 

1、個別指導は中、高受験がメインのところが多い

1つ目の理由としては個別指導はやはり中学受験や高校受験がメインのところがほとんどだからです。

 

そうなってくると大学受験までしっかり手厚く行えるかというとそうではありません。

 

また大学受験になるとレベルは一気に上がるので、それを中学、高校受験がメインのところでカバーしきるのはやはり難しいです。

 

ですから向き不向きという点では大学受験には向いていないです。

 

2、講師がバイトのところが多い

個別指導となると一人一人の講師が持つ生徒の数は多くても3〜5人でそうなると講師はどれだけいても足りません。

 

それを補うにはバイトの講師を取るしかないため、個別指導ではおそらくバイトの講師がほとんどだと思います。

 

そうなってくると大学受験を経験したとはいえ、それぞれの合格した大学も違いますし、経験も違います。

 

それでは安定した教え方などは到底できません。

 

勉強するのに関してはプロでも教えるのに関してはビギナーだからです。

 

そういう人に教えてもらうよりも、テレビなどに出てるようなプロの講師に教えてもらえる方がよく、そういう講師は大抵集団塾だったり映像授業だったりします。

 

例を出すと東進などです。

 

東進は集団ではないですがかといって個別でもなく、多くの生徒に向けて映像で授業を録画して、それを各生徒が見て学ぶという感じです。

 

ですから誰か一人に進度を合わせるわけではないという点で集団よりです。

 

3、効率があまり良くない

個別指導塾では難しい問題を解かせるというよりかは、生徒が確実にテストで点を取れるような方法を目指します。

 

ですから学校のテストで平均点を取れてるような人にとっては効率はあまり良くないでしょう。

 

もちろん平均に達しないような人には効果的ですが、それ以上を目指すとなると一気に効率が悪くなるのです。

 

それは個別指導塾側の認識は勉強が苦手な人が来る塾であり、メインは平均点を取れるようにすることが目標となっており、それ以上の人への対策はあまり講じられず自習などで頑張る必要があるからです。

 

そうなってくると個別指導に通う意味はなく、自習になるなら集団に行っても同じことです。

 

スポンサーリンク

・集団塾の方がいい理由

集団塾がいい理由も3つあります。

 

集団塾が良い理由

1、プロ講師のところがある

2、分からなくても聞きにいけばいい

3、設備や制度が整ってるところが多い

 

それぞれ解説していきます。

 

1、プロ講師のところがある

これは個別のところで話したことの裏返しなのでいうことはあまりないです。

 

単純に大手予備校と言われるところは基本的には映像であっても集団に向けて発信されているもので、個別のところはあまりありません。

 

そういうところではバイトの塾講師は雇っていなかったりします。

 

講師と生徒をつなぐチューターという立ち位置はバイトですが、別に授業をするわけではないのであまり関係ありません。

 

むしろプロの講師には勉強に関連することを聞き、チューターには生の受験の体験などから大切なことを学べます。

 

そういう意味で生徒にとっては一石二鳥です。

 

もちろん集団塾でもバイトが授業をしてるところはありますが、それでも研修制度は個別よりもしっかりしているため、より良い授業を受ける確率は高いです。

 

2、分からなくても聞きにいけば良い

これは個別指導に通うメリットを集団でも行えるという話です。

 

個別指導の最大の持ち味は講師に対して生徒の数が少ないため、分からなくても教えてもらいやすく、かつ生徒に合わせて進むため置いていかれることはないということです。

 

しかし集団塾でも授業が終わった後に講師に質問しにいけば良いだけの話です。

 

ですからわざわざ個別にいかなくても良いという話です。

 

3、設備や制度が整っているところが多い

先ほども話しましたが、大手予備校はだいたい集団塾です。

 

ですから設備や制度はしっかり整っています。

 

例えば記述式の過去問の添削をしてくれたりとか、模試も自分の通ってる教室で受けることができます。

 

他にも設備としては大学の過去問が見れたりとかもします。

 

確かにその分お金はかかりますが、それだけの価値はあります。

 

僕は生徒としては塾に行ったことはないので、受験期は大手予備校に行ってそんなに金を使う意味があるのかと思っていました。

 

しかし個別指導塾でバイトをしてみることで、確かに個別で安いところに行くなら大手のところに行く方が得策だと感じました。

 

スポンサーリンク

・個別指導が向く場合

最後に個別指導が向く場合はどんな場合なのか紹介します。

 

パターンは2つあります。

 

個別指導が向くパターン

1、勉強が結構苦手

2、学校のテストのために塾にいかせたいor行きたい

 

この二つです。

 

1つはやはり勉強が結構苦手な場合は個別指導が自分のペースに合わせてくれるために向いているでしょう。

 

結構苦手というのはどれくらいかというと、学校のテストで半分以上の科目で平均点が取れていないような人です。

 

そして2つ目は受験目的ではなく、学校のテストのためというなら個別指導でも大丈夫です。

 

テスト対策は色々行ってくれ、結構役には立つからです。

 

ただし受験目的ではあまりお勧めしません。

 

スポンサーリンク

・出来るだけ上を目指したいなら集団塾を

今回の内容をまとめると、出来るだけ上の大学を目指したいなら集団塾にして、とりあえず学校での勉強を頑張りたいのなら個別指導塾でも良いと思います。

 

そこは状況や目的によりけりです。

 

ただ大学受験に挑む場合には出来るだけ集団塾がいいかと。

 

個別だと視野が狭まったり、上を目指しにくいからです。

 

では今回はこれで終わります。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました