スポンサーリンク

YouTubeを使えば独学でも英語に馴れることが可能。1日1本動画を見るだけ。

大学受験
スポンサーリンク

日本にいながら英語になれる方法はないのかな

YouTubeを使えば良いのはわかるけど、どんな動画を見れば良いか分からない

おすすめのチャンネルとかないの?

今回はこう言った疑問にお答えします。

 

内容は

・YouTubeを使うことの効果

・YouTubeを使うことのデメリット

・YouTubeで英語に馴れる時のポイント

・適した動画やチャンネルの見つけ方

・おすすめのチャンネル

 

と言った感じです。

 

僕も普段から毎日好きなサッカーチームについての最新情報を話す動画を見ています。

 

それ以外にも面白そうなチャンネルがあればチャンネル登録して、興味が惹かれる動画が出されれば見るという風に、日本人のyoutuberの動画を見る感覚で生活の一部となっています。

 

そこから導き出したメリットやデメリットなどもお話しするので参考にしてください。

 

スポンサーリンク

・YouTubeを使うことの効果

では早速YouTubeで英語を聞くことにどんな効果があるのか、リスニングの教材と変わらないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

効果は3つあります。

 

YouTubeを使うことのメリット

1、ハードルが低い

2、リアルなネイティブの英語に耳が馴れる

3、趣味の範囲で楽しめるため苦にならない

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

・ハードルが低い

まずはハードルが低いということですが、これにはいくつかの理由があります。

 

1つは一切お金がかからないということです。

 

スピードラーニングのような特別な教材だと買うのにお金がかかります。

 

しかしYouTubeならケータイ一つでいつでもタダで見ることができます。

 

2つ目の理由は普段特にYouTubeを見るような人ならチャンネルを登録しておくだけで、自分の好きなチャンネルの動画が投稿された時に、そのままの流れで英語の動画も観れるからです。

 

少しわかりにくかったかもしれませんが、例えばTED Talksとかだと英語の動画を見るためにわざわざ専用のアプリを開くなりブラウザを開くなりしないといけません。

 

しかしYouTubeなら動画が投稿されると、登録してるチャンネルの動画は同じページに出てきます。

 

だから自分の好きな動画を見るついでに他のページに切り替えたり、違うアプリを立ち上げたりせずにそのまま見れるということです。

 

それだけで意外と気持ち的に楽だったりとハードルは低くなるのです。

 

・リアルなネイティブの英語に耳が馴れる

YouTubeは教材のように何かスクリプトが用意されていてそれを読むというものではないため、実際に咄嗟に出てくる言葉で話しています。

 

ですから定型化されたような言葉ではなく、現地のリアルな英語を聴くことができるということです。

 

どういう言葉遣いがされているのかなど、現地でしか知ることのできないようなことを知ることができます。

 

そして興味のある動画を見ているとやはり内容が知りたくなって字幕を見ながらとかで英語を自然と理解しようとします。

 

そうすることでリアルな英語も理解しつつ耳が馴れてきて旅行で海外に行った時などに意外と聞き取れるようになっていたりします。

 

これは少し後ほど話すデメリットという側面にもなってくるのですが、それ以上の大きな意味を持ちます。

 

・趣味の範囲で楽しめるため苦にならない

最後の効果としては苦にならず、楽しめるということです。

 

他の教材だったりを使うと、やっぱりちょっと勉強という感じがしてしまい、今日はなんかめんどくさいなとかになってしまうと思います。

 

しかしYouTubeの1番のポイントがここにあって、自分の好きなジャンルの英語のチャンネルだったり動画を選ぶことで楽しみながらとか、必要な情報を得ることとして使えるのです。

 

例えば僕は海外のサッカーチームのファンなので、そのチームの試合を観に行った動画を出したり、チームに関する最新情報を出してくれるチャンネルを登録してみてます。

 

これは早く情報を知りたいという気持ちから一切の苦なく見れてます。

 

また他にもストリートサッカー なんかは日本ではあまり有名でないので、イギリスの方のチャンネルを登録してみてますが、これは楽しみながら完全な趣味としてみてます。

 

こんな感じで自分の趣味の一つとして見れるため途中でめんどくさくてやめるということが起こりにくいです。

 

これは本当に一番大切なことなので覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

・YouTubeを使うことのデメリット

デメリットは二つです。

 

YouTubeのデメリット

1、字幕機能が完璧ではない

2、訛りがきつい場合負の影響を受ける

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

1、字幕機能が完璧ではない

一つ目のデメリットは字幕機能が8割は正確ですが、時々間違っていたりするところです。

 

基本的には正確なので大丈夫ですが、間違っていると英語が苦手な人は意味がわからなかったり内容が読み取れなくなります。

 

ですからそこまで大きなデメリットではないですが、少し困ることでしょう。

 

2、訛りがきつい場合影響を受ける

訛りがきついとなまった発音に慣れてしまい、訛りのない英語を聞き取れないなどということになってしまいかねません。

 

特にオーストラリアなんかは訛りがきついので、注意しましょう。

 

基本的にはイギリスやアメリカは大丈夫なのかなとは思いますが、それでも地域によって例えばイギリスのリバプールは少し地域的なスラッグとかがあったりするみたいです。

 

ですからそこは実際に聞いてみて何かがおかしいと思ったなら少し注意しましょう。

 

スポンサーリンク

・YouTubeで英語に馴れる時のポイント

ポイントは2つです。

 

point

1、字幕機能は必ず使う

2、勉強のように義務を感じたりしないようにする

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

1、字幕機能は必ず使う

これは特に真面目な人ほど注意すべきことです。

 

どういうことかというと、字幕があってはリスニングは鍛えられないとかっていう風に感じて、意地でも字幕なしで聞き取ろうとすることはダメだということです。

 

やっぱりリアルな英語なので、日常で話すレベルのスピードで話してるわけで、それを聞き取れるということはそもそもリスニングを鍛える必要はもうありません。

 

それなのに字幕なしで見ようとすると、内容は読み取れなくて面白くないですし、全然聞き取れなくて絶望するしで良いことは一切ありません。

 

ですから絶対に字幕はつけるようにしましょう。

 

そして字幕機能がつけられない動画もあったりするので、そういうのはあまり気を張らずに何となくわかれば良いやくらいで見るようにしましょう。

 

2、勉強のように義務を感じたりしないようにする

こちらが一番大事なポイントです。

 

英語だったり英会話となると、勉強というイメージが強くなって集中してしないといけないとか、ちゃんとためになるように時間を作って頑張らないと思うかもしれません。

 

しかしYouTubeを使う目的というのは英語に馴れるのが目的のため勉強のように集中する必要はありません。

 

そして勉強のように集中して行うことにはデメリットがあります。

 

それは楽しめなくなることだったり、動画を見るだけのはずなのに疲れたり、これらのせいで続かなくなったりもします。

 

ですから絶対に勉強だと思うのではなくて、ただの娯楽のコンテンツだと思って動画を軽い気持ちで見てください。

 

それだけでも英語に馴れることはできます。

 

スポンサーリンク

・適した動画やチャンネルの見つけ方

適した動画やチャンネルとはなんぞやというと、それはもう一つだけです。

 

自分が興味を持てるものです。

 

スポーツが好きな人はスポーツ関連とか、音楽が好きな人は音楽のことについて話してるようなチャンネルとかです。

 

そうやって自分が好きなことについてYouTubeで英語で調べてみるとすぐに海外の人の動画が出てきます。

 

例えば僕はチェルシーというサッカーチームが好きなので、youtubeでChelseaと調べると出てきます。

 

他にもstreetsoccerとかpianoと調べても海外の人のストリートピアノを弾いてるものとか出てきたりします。

 

そうやって自分の好きなことについて英語で調べると簡単に出てくるので自分に適した動画やチャンネルを見つけましょう。

 

スポンサーリンク

・おすすめのチャンネル

最後におすすめのチャンネルを3つほど紹介したいと思います。

 

流石に僕が好きだからと言って一部の人にしか受けなさそうなものを紹介しても意味がないので、ある程度万人受けしそうなものを紹介します。

 

おすすめのチャンネル

1、National Geographic

2、Got Talent Global

3、TED

この三つです。

 

どれもおそらく超有名で日本でも知ってる人は多いんじゃないでしょうか。

 

1、National Geographic

1番のナショナルジオグラフィックはいろんな自然科学だったり生物に関してだったりを扱っています。

 

例えばこう言った日本の津波に関してのものもありました。

 

他にもフェンスを飛び越えるのに重要な要素とか、バ科学というちょっとバカなことを分析したものがあったりと面白いので一度見てみてください。

 

2、Got Talent Global

二つ目のGot Talent Globalというのは、有名なGot Talentという世界のいろんな国で行われてるオーディション番組的なもののハイライトなどを流してる公式のチャンネルです。

 

この番組では歌唱力に自信のある人が出てきたりとか、ダンスが得意な人が出てきたり、後はマジックとかとにかくいろんなジャンルでしょうもないけどすごい特技の人が出たりと見ていて飽きないです。

 

日本人で言うならダンサーの方が出てたりもしてました。

 

ちなみに僕が好きなのはこの動画の40分40秒あたりからのパフォーマンスです。

 

こんな感じで少し審査員と会話をしてからパフォーマンスをすると言った感じです。

 

これと似たものにX Factorというものがありそちらもおすすめです。

 

ちなみにX factorでは有名なワンダイレクションのメンバーがソロで見出されて、それぞれが集められてグループとなりました。

 

それぐらい権威のある番組なのです。

 

3、TED

tedでは簡単にいうと賢い人が様々な知識だったり情報だったりを話すというもので、とても知識が身につきます。

 

ないと思っていたのですが、調べてみるとyoutubeのチャンネルもあったので紹介します。

 

 

科学的な知識とかそういったことに興味のある人は一度見てみると良いでしょう。

 

例えばこの人を惹きつける話し方のような感じです。

 

実用書などにありそうな内容のものが多いですね。

 

ですがそれだけでなくて見たいなGot Talentのようなものもたまにあります。

 

これらはきっと英語の勉強の役に立つのでぜひ試して見てください。

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました