スポンサーリンク

[シャドーイングのやり方]これで外国人の話してることが理解できるようになります。

英会話
スポンサーリンク

英会話で一向に外国人の話してることが理解できるようにならない

シャドーイングがいいと言われたけど正しいやり方がわからない

シャドーイングではどんな教材を使えばいいかわからない

今回はこういった疑問を解消していきたいと思います。

 

✅内容は

1、正しく効果のあるシャドーイングのやり方

2、シャドーイングの時の注意点

3、おすすめの教材や素材

となっています。

 

僕は受験生の時にはシャドーイングでリスニングの勉強をすることで、センターリスニングはほぼ満点、今では外国人のyoutubeも字幕なしでも内容を理解することはできます。

 

スポンサーリンク

・正しく効果のあるシャドーイングのやり方

 

では早速やり方を紹介していきます。

 

ステップは7つです。

 

シャドーイングのステップ

1、素材を聞く(素材が自分に適切か見極める)

2、スクリプトを見ながらもう一度聞く(内容の確認)

3、何も見ずに音声の後に続いてぶつぶつシャドーイングをする

4、スクリプトを見ながら音声と同時に音読していく

5、何も見ずにはっきりとシャドーイングをする

6、できなかった部分を分析して原因を探って解消する

7、5〜6を詰まるところがなくなるまで繰り返す

 

書き出してみると多く感じますが、これを一回の勉強で全てやり切る必要はなく、今日は素材を聞いて内容を確認する2までやるとかでもいいので、安心してください。

 

一番は自分のペースでやることです。

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

1、素材を聞く(素材が適切か見極める)

まず最初は普通にリスニングをして欲しいのですが、ここでのポイントは一つだけです。

 

それは選んだ素材が自分にあったレベルなのかを見極めるということです。

 

なぜかというと、例えば素材の半分も理解できないとかだとそれ以降のステップではリスニングよりもさらに難しい事をするので、止まってばかりで一切勉強が進まなくなります。

 

逆に9割型理解できていては、新たに学ぶことがほとんどありません。

 

ではどうやって見極めるのかというと、内容がだいたい5割〜7割ぐらい聞き取れれば適切な素材と言えるでしょう。

 

そうやってしっかりとどれくらい理解できてるのか確認していきましょう。

 

2、スクリプトを見ながらもう一度聞く(内容の確認)

では素材が適切だと確認できたところで、もう一度、今度はスクリプトを見ながら聴きましょう。

 

スクリプトとは素材の音声が文字で書かれてるもののことです。

 

ここでのポイントはしっかり話の内容を確認することです。

 

なぜ内容を確認する必要があるかというと、いざシャドーイングをやる時にどんな話の内容かわかっていないと、本来なら聞き取れる部分もできなかったりするからです。

 

シャドーイングは普通にリスニングをするよりも難しいため内容の確認は必要です。

 

でないと無駄な勉強が増えてしまい、時間の浪費になります。

 

ですからしっかりと内容を確認していきましょう。

 

3、音声の後に続いてぶつぶつとシャドーイングをする

内容が確認できたらいよいよシャドーイングですが、ここではまだはっきりとシャドーイングをする必要はありません。

 

まだ2回聴いただけなので、はっきりとシャドーイングをすると自分の声で聞こえないとか口が追い付かないなどの理由で続きません。

 

ではどうするかというと、ぶつぶつと独り言を言うようにシャドーイングをします。

 

ここでは発音がどうとか意識する必要はなく、とりあえず聞き取れた部分をぶつぶつと言っていきます。

 

2番で確認した内容を思い出しながらやっていきましょう。

 

4、スクリプトを見ながら音声と同時に音読していく

ここではぶつぶつとシャドーイングをした後はいったんスクリプトを見ながら、音声と同時に音読していきましょう。

 

この時にかるく3のステップでシャドーイングできなかった部分はなんて言っていたのか確認していきます。

 

軽い確認で聞き取れるようになる場所はそこまで集中して勉強をする必要はないので、それを潰していくという感じです。

 

5、何も見ずにはっきりとシャドーイングをする

音読ができたらついにはっきりと本格的にシャドーイングしていきます。

 

この時のポイントはとにかく聞き取れなくて発音できないところがあっても止まらずに音声についていくことです。

 

発音できなかったところはしっかりと次のステップで解消していくので、とにかくこの段階で大切なのはどこが聞き取れないか探すことです。

 

聞き取れない=発音できないということなので、自分が発音できなかった場所が自分が聞き取れていない場所というふうに思ってください。

 

本当はできれば文章の意味も理解しながらやるべきなのですが、そこまで高度なことはシャドーイングに慣れた人しかできないので、最初は意味は捉えようとはしつつもできなくてもそこまで気にする必要はないです。

 

ここではとにかく、聞き取れないところを探していきましょう。

 

6、できなかった部分を分析して、原因を探って解消していく

ここではスクリプトを見ながら音声を流していきます。

 

そして前のシャドーイングの段階でここ聞き取れていなかったな、発音できていなかったなというところにチェックを入れていってください。

 

どこができていなかったか覚えていないという時は、軽くスクリプトを見ずにシャドーイングして、発音できなかったところで止めてチェックを入れていくという方法もあります。

 

そして一通りチェックを入れ終わったら、それぞれの部分がなぜ聞き取れていなかったのか原因を探っていきます。

 

原因にはでてきた単語が見たこともない単語だったからとか、意味は知ってる単語だったが読み方がわからない単語だったからとか、知ってる単語だけだったが音が抜けてたり繋がってたりしてたから、などがあります。

 

他にも可能性はあるのでしっかり分析していきましょう。

 

そして原因がわかったらそれを解消するのですが、単語を知らなかったら意味などをネットで調べるとかします。

 

そしてどの原因にも共通することがおそらく自分ではこの発音ができないから聞き取れないということになります。

 

ですから単語の意味調べとか必要なことが終わったら、その部分の音声を何回も繰り返し聴いては自分で発音してみるという事を繰り返して、自分も音声と同じように発音できるようにしてください。

 

それで聞き取れなかった部分の対策は終わりです。

 

これをチェックをしれた部分全てで行ってください。

 

そうすれば自分が発音できない音が減る→自分が聞き取れない音が減るという風につながります。

 

7、5〜6を繰り返す

チェックの部分の対策が全て終わったら、もう一度5の段階に戻ってシャドーイングをしてみましょう。

 

そうすれば発音できない部分というのは必ず減っているはずです。

 

ですが一回で完璧にできるようになる人はいないので、2回目でも聞き取れなかった部分は6の段階に進めましょう。

 

そうやって5と6を何回も繰り返していく事で素材の音声をほぼ完璧にシャドーイングできるようになります。(終わりどころは9割〜10割シャドーイングできるようになったら)

 

そうすると次別の素材で今回発音できるようになった単語とか、音のつながりが出てきた時に聞き取れるようになってます。

 

なのでシャドーイングの本質は何かというと、自分が発音できる音の種類のレパートリーを増やす事で、聞き取れる音の種類のレパートリーも増やすという事です。

 

 

なぜ単語の発音の勉強だけではいけないのかというと、英語には二つの単語の後ろと前の音がくっついて別の音になるなどの特殊な発音がたくさんあるからです。

 

それらをしっかり自分も発音できるようにするのがシャドーイングです。

 

スポンサーリンク

・シャドーイングで注意すべき点

 

シャドーイングで注意すべき点は一つだけです。

 

それは無理をしすぎず、自分のペースで進める事です。

 

なぜかというと、シャドーイングは結構時間がかかるかつ、疲れるからです。

 

聞くと発音するという二つのことを同時にやっているので疲れるのは当たり前でしょう。

 

そうなると何がいけないのかというと、シャドーイング=しんどい作業、となってしまいだんだん日が経つにつれてやる気がなくなってしまいます。

 

実際僕は一つの素材を1日で完璧にすることを目標にしたこともあったのですが、2日で挫折しました。

 

正直一つの素材につき1週間でもいいくらいと思ったほど、その時は1日一つは無理だと感じました。

 

ですからシャドーイングをがめんどくさくなってしまっては元も子もないので、自分ができる範囲でシャドーイングはやりましょう。

 

スポンサーリンク

・おすすめの教材や素材

僕が一番お勧めする教材は2種類あります。

 

一つは自分が使ってる単語帳があればそれに付属するCDを使うことです。

 

これの何がいいかというと、自分が現在学習している単語を一緒に覚えられるからです。

 

しかし英会話では単語帳を使ってない人いる可能性はありますし、そもそも単語帳にCDがついてなかったり、長文が載ってない単語帳もあります。

 

そういう人は二つ目の海外ドラマorアニメを使うことを勧めます。

 

正直海外ドラマなんかは特に難易度は相当高いです。

 

そりゃ普通に現地の人が見るのと目的として作ってるので。

 

ですが飽きないという観点では最高の素材となります。

 

スクリプトなんかもネットで、ドラマの英語名 script と調べると出てきます。

 

お勧めはgossip girlです。

 

なぜならストーリーが高校生の日常の物語なので、日常的な会話を学習することができるからです。

 

しかしやはりスピードは速いので初心者の方には厳しいです。

 

ですので一度youtubeなどで調べて自分にとってはまだこの段階ではないなと感じた人は、やはり長文が載ってるCDがついた単語帳を買っていただくのがいいかなと。

 

ただもちろんネット上にはゆっくりめの素材などもあると思うので、調べて見つけれて方はそれを使ってもらっていいです。

 

重要なのは自分にあったものを選ぶことなので、一概に他の人が勧めてるものが適切とは限らないということを覚えておいてください。

 

閲覧ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました