スポンサーリンク

勉強の楽しい要素とは?[結論]続けないことにはどんなことも楽しくない

study
スポンサーリンク

勉強の楽しさが分からなくてつらい

勉強がもっと楽しければ受験も頑張れるのに

今回はこういった悩みを解消します。

 

内容は

・勉強に楽しさなんてあるの?

・勉強の楽しさを可能な限り紹介

・受験生向けの楽しみ方

・時には思い込むことも大切

です。

 

 

勉強の楽しさが分からなくて頑張れないという受験生は相当多いことでしょう。

 

それに楽しいとかいってる人がいるけど、それは本当なのか怪しく感じます。

 

僕も受験期は正直楽しかったかというとそうではないですが、受験が終わると楽しく感じるようになった経験をもとに話すので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

・勉強に楽しさなんてあるの?

そもそも勉強に楽しさなんてあるのか、と思ってる人も多いのではないでしょうか。

 

僕も受験期は正直そこまで楽しさはわかりませんでしたが、受験という縛りから解放されて、塾で勉強を教えてる今ならわかります。

 

勉強には楽しいこともあります。

 

もちろん辛いこともありますが、1度楽しさがわかればそれも乗り越えることができます。

 

楽しさは1つではないので、どんなものがあるのかは後ほど紹介しますが、まず大前提として楽しむためにはしないといけないことについて話します。

 

・どんなことも続けないと楽しくはない

やはり大前提は続けることです。

 

これはどんなことにも当てはまります。

 

例えばスポーツでも始めたてはうまくいかないから楽しいことは少なく、イライラします。

 

またゲームのように楽しさしかなさそうなものでも、初めてやるゲームのオンライン対戦では最初は負けてばかりで、鬱陶しくなることが多いです。

 

勉強もこれらと同じで、楽しさを感じるためには結局ある程度は続けて上達するしかありません。

 

ですからこの後に楽しい要素をいくつも紹介しますが、それらは続けることが大前提となっていることを覚えておいてください。

 

スポンサーリンク

・勉強の楽しさを可能な限り紹介

ではここからは僕が見つけた勉強の楽しい要素を紹介していきます。

 

ここでは4つ紹介したいと思います。

 

勉強の楽しい要素

1、問題を解く時

2、知らないことが知ってることとつながる時

3、単純に興味深いことを知る時

4、勉強に関して工夫をする時

これだけではわかりにくいので、解説していきます。

 

1、問題を解く時

これは王道の楽しみ方で、やっぱり問題を解けるのは楽しいです。

 

例えば青チャートなんかは問題がいっぱいありますが、それをどんどんと頭の中とかで解いていく楽しさがあります。

 

これは難しい問題を解けたときもそうですが、塾のバイトをやって気づいたのが、簡単な問題でも頭の中で計算まで解き切ったときは達成感というか、やっぱり楽しいなって感じます。

 

ただこれは一定程度勉強ができないと厳しいとは思います。

 

ですが苦手な人でも楽しさをわかるために、自分が解けるレベルの問題をたくさん解くという方法はお勧めです。

 

それで楽しさが分かってから少し悩むぐらいの問題に移っていくの1番です。

 

2、知らないことが知ってることと繋がる時

これは最近感じたことなのですが、ノーベル物理学賞が発表された時のことです。

 

ブラックホール関連のことで僕も詳しくはないですが、ブラックホールがどうやってできるのかは知っています。

 

そのノーベル賞に関して解説してる動画でブラックホールの話が出てきた時に、自分の知識と知らないことがつながって楽しいというか、嬉しくなりました。

 

こんな風に専門家までいかなくとも学校で習うことが専門的な話につながることは意外とあります。

 

実際僕がブラックホールについて習ったのは高校でした。

 

こういった時に勉強していて良かったなと、そしてやっぱり勉強は楽しいなと感じます。

 

3、単純に興味深いことを知る時

これは先ほどの例と同じでやはり宇宙に関して興味が湧く人は多いと思います。

 

実際僕もそうで、ノーベル物理学賞が宇宙関連に2年連続与えられたので、それについて勉強するときは楽しかったです。

 

高校の勉強では地学基礎がすごい好きでした。

 

こんな感じで高校の勉強でも自分が少しでも興味の湧くものを見つけれると、モチベーションも上がるでしょう。

 

4、勉強に関して工夫をする時

これは受験が終わってからで言えば、青チャートをどこまで暗算だけで解けるのかをやってみるとかです。

 

受験期なら青チャートの問題番号のくじを作って、ランダムに引いて出た番号の問題を解くとかもやってました。

 

これのメリットは同じ分野を連続で解くよりも、本当に覚えてるかどうかの確認になります。

 

実際のテストでも同じ分野が続けて出されることは少ないので、その練習にもなります。

 

こんな感じで工夫をするとちょっとランダム要素があって次どこの分野の問題が出るのかちょっと楽しくなります。

 

そうやって工夫をすると楽しくなることもあります。

 

スポンサーリンク

・受験生向けの勉強の楽しみ方

ここまでの楽しみ方を参考にして自分のものを見つけてもらっても良いのですが、ここでは特に受験生向けの勉強の楽しみ方を紹介したいと思います。

 

全部で3つです。

 

受験生向けの楽しみ方

1、学校のテストや模試の結果で競う

2、自分の能力が上がっていくのを感じる

3、テストや模試で学年1位を目指してみる

それぞれ解説していきます。

 

1、学校のテストの順位や模試の結果で競う

どうせテストとか模試を受けるなら友達と競った方が楽しいです。

 

競うとまではいかなくとも、良い点を取れると友達に点数を聞かれた時に胸を張って言えます。

 

流石に自分から言うと嫌味になるのでやめておくべきですが。

 

そして良い点をとっていると友達に驚かれたりすごいと言われるので、ちょっとした優越感に浸れます。

 

そうすると次でも同じように高得点を取ろうとなるのです。

 

実際点が取れるとテストは自分の力を周りに見せる場、サッカーなどの試合と同じなので、楽しみになってくるのです。

 

そうすると自ずと勉強も楽しくなるので、点数は聞かれたら答えたら良いし、友達と次のテストで勝負しようと言うのも良いでしょう。

 

2、自分の能力が上がっているのを感じる

これは大学になってからは感じることが少なくなったのですが、高校だと頻繁にテストや模試があるため、自分の能力が上がってることを強く感じることができます。

 

能力が上がるとはどういうことかというと、僕は一種のゲームのキャラクターのように感じてます。

 

勉強して(敵と戦って)レベルが上がって、いろんなスキルを身につけていく感じです。

 

そう感じるともっと記憶力をあげたいとか、計算するスピードを上げたいとか、各パラメータを上昇させたくなります。

 

そういう風に自分がゲームをしてる感覚で、能力が上がっているのを感じると、とても勉強が楽しくなります。

 

小さい頃にやってたゲームを思い出してもらえるとわかりやすでしょう。

 

ですから1度自分をキャラクター化して今の能力はどれくらいなのか考えて、次のテストではどれくらいレベルが上がっているか意識してみてください。

 

きっと楽しくなります。

 

勉強のゲーム化に関してはこちらを読んでもらえると、もっと勉強を楽しくできます。

 

勉強をゲーム化して楽しく、効率よく勉強をしよう。

 

3、テストや模試で学年1位を目指してみる

学年1位はちょっとレベルが高いですが、せめて1桁を目指してみると良いでしょう。

 

そうすると1つ目のものと被りますが、友達に自慢できます。

 

また1位をとるとこの学校では暫定的に自分が1番賢いと考えることができます。

 

やっぱり結果が出ると勉強は楽しいですし、1桁を目指すというモチベーションになります。

 

ですから楽しいというか気持ちの面で勉強に励むことができるようになるでしょう。

 

スポンサーリンク

・時には思い込むことも大切

最後に一つだけ言いたいことがあります。

 

それは時には勉強は楽しいと思い込むことが必要になってくるということです。

 

やっぱりここまで勉強を楽しむ方法を紹介してきましたが、受験で合格しないといけないというプレッシャーがあると楽しいことも楽しめません。

 

サッカーは好きだけど試合では緊張して楽しくなくなるのと一緒です。

 

実際僕も受験期はどっちかというと思い込んでました。

 

友達に勉強楽しい?と聞かれると必ず楽しいと答えるようにしてました。

 

そうすると本当に自分は勉強が楽しいと思ってるように感じ始めます。

 

しかしふとした時になぜ自分は勉強を楽しいと感じてるんだろうと、思うことがあります。

 

ですが基本的には楽しいと思って勉強をするようになるので、頑張ることはできます。

 

ですから楽しいと思い込むことも時には必要じゃないかと感じます。

 

ポイントはちょっとでも楽しい要素を見つけれたら、それをめちゃめちゃ楽しいことだと過大に思うようにするのです。

 

楽しく感じないものを無理に楽しいと感じるよりも楽でしょう。

 

そのちょっとだけ楽しく感じるための足掛けが今回上で紹介したものが、参考になればと思います。

 

では最後まで閲覧ありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました