スポンサーリンク

勉強でイライラしたときの対処法7選![結論]勉強を中断して落ち着くのが一番

study
スポンサーリンク

全然集中できなくてイライラしてそのせいでさらに集中できなくなる

問題が思うように解けなかったり、明らかにレベルがおかしい問題があってイライラする

今回はこういった悩みを解決できるようにイライラの対処法についてまとめました。

 

内容は

・勉強でイライラした時の対処法7選

・イライラがほぐれた時にするといいこと

・僕が実際に行ってた例

・[結論]一旦勉強から離れることが大切

です。

 

みなさんイライラする原因は様々だと思いますが、勉強をしていると特に受験期は問題に腹が立つことなどがあると思います。

 

僕も過去問で急に難易度が上がるとこんなの解けるわけないだろとイライラしました。

 

ですから今回はそういった時に落ち着いて再び勉強を再開できるような対処法を紹介するので参考にしてください。

スポンサーリンク

・勉強でイライラしたときの対処法

f:id:jinhou:20200608135823j:plain

まずはイライラした時に最初に行うべき前提のことについて話していきます。

 

その後に効果的な対処法をいくつか紹介していきます。

 

僕が実際にしてた僕なりの対処法を紹介したいと思います。

 

1、寝転んでボーッとする

やはり勉強していると姿勢も悪くなって肩も凝ってくるし体全体がしんどくなってくると思います。

 

そこに問題が解けないなどの不愉快なおことが重なってイライラするということはよくあると思います。

 

ですからイライラした時はいったん体を思い切り伸ばして横になるといいでしょう。

 

少し横になるだけで強張っていた方や背中がほぐれてとても体が楽になり、同時にボーッとすることで頭の中が空になり一度リセットされます。

 

そうすることでもう一度問題に向き合える気分になるのでぜひおすすめです。

 

時間はだいたい5分から10分ぐらいです。

 

2、外の公園を散歩する

イライラした時にはちょっとした気分転換が必要です。

 

特に密室にこもって勉強をしていると室内の空気が悪くなって気分が悪くなることでイライラすることもあると思います。

 

ですから一旦外に出て、公園など緑があるところを散歩するととてもいいストレス発散になると思います。

 

また歩きながらなんでイライラしたんだろうと考えることで、自分を見つめ直すことや、勉強法が悪かったならその改善点を探すこともできます。

 

もしくは一番のおすすめはやはり勉強のことは考えずに外の空気に身を任せて他のたわいもないようなことを考えながら散歩するといいでしょう。

 

例えば週末にはファンのスポーツチームの試合があって楽しみだなとかです。

 

この時はあまり携帯は触らないようにしましょう。

 

携帯はストレスの元になるので。

 

3、自分の好きな音楽を聴く

イライラした時はストレスが溜まっていると言えるので、一旦自分の好きな歌を聞いてそのストレスを解消するといいでしょう。

 

本来が休憩するなら、瞑想したりボーッとする方が記憶の定着にはいいのですが、イライラしてる場合はそのイライラをなくすことが先決なので好きな歌で気分を盛り上げましょう。

 

そうすることでイライラを収めるだけでなく、つぎに勉強する時に気合が入って勉強効率をあげることができます。

 

4、自分の好きな動画を一本だけ見る

これも好きな音楽を聴くのと同じでストレスの解消を促します。

 

こういう時はゲーム実況のようなシリーズでつぎに続くようなものを見るのはやめましょう。

 

なぜなら次が見たくなって勉強に戻れなくなるからです。

 

ですから自分の好きな動画ならなんでもいいですが、なるべくその動画で完結するものも見ましょう。

 

5、軽い筋トレをする

軽い筋トレは筋肉を刺激することで血の回りが良くなり、酸素が多く脳に回るようになります。

 

そうすると頭が冷静に物事を考えられるようになり、イライラもおさまってきます。

 

それに凝っていた体をほぐす効果もあり、イライラした時だけでなく、身体が疲れた時にもおすすめです。

 

例えば腕立て伏せ10回ぐらいとか、腹筋10回、スクワット10回などです。

 

6、ストレッチやヨガをする

これは先ほどの筋トレとかぶりますが、体の筋肉をほぐしてくれます。

 

同じように血の巡りが良くなるという効果があります。

 

だいたいYouTubeでストレッチやヨガと調べたら出てくるのでそれ見ながら真似てみてください。

 

体と頭がとてもスッキリします。

 

7、ちょっとだけ自分の趣味をする

あまり長くやりすぎるとダメですが、自分の趣味をやってみるというのもいい方法です。

 

しかしこれは正直趣味の種類によるので一概にすべての人が当てはまるとは言えません。

 

僕の場合はサッカーとピアノが趣味なので、イライラしたら軽く外でリフティングをしたり、一曲だけピアノを弾いたりします。

 

しかし趣味が将棋とかになってくると短時間でできることはないと思うので何か短時間でできる趣味があればそれをやるといいと思います。

 

スポンサーリンク

・イライラがほぐれた時にすると良いこと

実はイライラが起こった時にそれただ解消するだけではもったいないのです。

 

なぜかというとイライラする原因で多いのが問題が解けなかったりする時で、ということはイライラは自分ができないところを示してくれてるのです。

 

かといってイライラした時にすぐにそんな冷静に考えられるかというとそうもいかないので、イライラが起床した時点で冷静に考えるべきなのです。

 

そこですべきことが二つあります。

 

解消後にすべきこと

1、イライラの原因を分析する

2、その原因の対策をすることが可能か考える

 

それぞれ解説していきます。

 

・イライラの原因を突き止める

イライラした時にまず最初にやるべきことはやはりその原因を突き止めることと言えるでしょう。

 

それも単純に問題が解けないからイライラするとかではなくて、例えば、問題が解けなくてもそれは他の受験生でも起こりうることなのになぜ問題が解けないだけでイライラするのだろうといった感じです。

 

要するに詳しく原因を探るということです。

 

先ほどの例で言えば、この問題は簡単で志望校に受かるにはこれぐらい解けないといけないと思っていたのに、実際に解いてみると解けなかったからとかです。

 

他にも隣の部屋の兄弟姉妹の歌をかけてる音量が大きくて、今は大事な時期なのに何も考えてないような態度にイライラするとかです。

 

2、その原因が対策可能か考える

第1段階で見つけたイライラの原因が自分に責任があるのかそうじゃないのかから考えてみると良いです。

 

もし過去問でその問題だけ異様に難しかったとか、家族がうるさくて集中できなくてイライラしたとかなら仕方がないです。

 

しかし自分の志望校のレベル的に解けないといけない問題なのに解けていなかった場合は、そこの分野の勉強がたりてないと考えることができます。

 

こういう風に自分でなんとかできる問題ならイライラを成長に使うことができます。

 

ですから余裕があればで良いので分析してみることが大切です。

 

スポンサーリンク

・実際に僕が行なってた例

僕の場合は国語が苦手だったのでこれは完璧に解けたと思って答え合わせをすると、全然違う答えでイライラしつつ自分が嫌になってました。

 

そういう時は午前中なら寝転んで目を瞑って寝てました。

 

夕方とかならとにかく外に出てリフティングをしてから、お風呂に入って一気にリフレッシュしてました。

 

そうやって落ち着いたらもう一度その問題を見直します。

 

見直してなぜこんなに間違えたのか、その原因を見つけつつ、同じ間違いをしないために明日別の問題を解く時には何を意識すればいいのか、答えを書いた紙に殴り書きします。

 

まだイライラが残ってる場合は強い言い方で書きますが、そっちの方が解消されていいです。

 

そして次の日に問題を解く時にそれを見て、悔しさを思い出してから解いてました。

 

スポンサーリンク

・[結論]一旦勉強から離れることが大切

今回はいろんな解消法を紹介しましたが、もっと簡潔にいうならイライラしたときはとにかく勉強を中断すべきです。

 

やはり続けても得られるものはないですから。

 

そして今回はイライラが解消した後の話もしましたが、とにかく優先すべきはイライラを収めて再び勉強に戻ることなので、分析は余裕があればで良いです。

 

受験期はイライラすることがたくさんありますが、みんなそうであり、悪いことではないと考え勉強に勤しんでもらえればと思います。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました