スポンサーリンク

大学受験直前に不安でしょうがないあなたへ。受け入れることで和らげよう

study
スポンサーリンク

受験が近づいてきてどんどん不安になってくる

不安すぎて勉強が手につかなかったり眠れず、さらに不安になる

今回はこうした悩みへの対処法を紹介します。

 

内容は

・大学受験直前に不安でしょうがないあなたへ

・不安で勉強に集中できない時の対処法

・眠れない時の対処法

です。

 

受験直前は不安になって夜すぐに眠れなくなったりとか、安定しなくなる気持ちはとても分かります。

 

実際僕もセンター試験前日の夜はいつも寝る時間から2時間ぐらい寝れなくて、ようやく寝れた感じでした。

 

ですがそこでこれはダメだと思って2次試験までに考え方を変えると、その前日は眠ることができましたし、2次試験まで心が安定して勉強できました。

 

その秘訣を今回はお話しするのでぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

・受験直前に不安でしょうがないあなたへ

今でも不安に苛まれてる方のために早速結論からお話します。

 

受験直前の不安に対処する方法としては、受け入れるというのが大切です。

 

これをいうとそれができれば苦労しないとか、受け入れたとて不安が解消されるわけではないという声が聞こえてきそうです。

 

しかし確かに受験直前でなければ不安の原因を探って、しっかりその原因を潰していくことが大切ですが、直前となるとそうもいきません。

 

時間もないですし、何より対処のしようがない不安が多いからです。

 

ですからなんとか不安を消そうとするのではなくて受け入れることが大切なのです。

 

しかし一概に受け入れると言っても単純な話ではないため、ここからもっと詳しく話していきます。

 

・不安を完全に消すことはできないことを受け入れる

まずは受験直前になって生まれてくる不安を完全に消すことはできないんだと、受け入れる必要があります。

 

これに関しては今これを読んでくださってる方もわかっていることかと思います。

 

例えば多くの人が抱く不安は、本番でミスしたらどうしようとか、自分が完璧にできてないところが出たら終わりだとか、今のままで合格できるのか不安とかでしょう。

 

これらのことは正直直前でなければしっかり勉強することで補う必要があります。

 

しかし受験前だとどれだけしっかり勉強してても生まれてくる不安であり、神様のように未来が予期できる以外はこれ以上対策のしようがありません。

 

本番でミスするかどうかなど誰にもわからないことです。

 

ですからまずはこの解消することの不可能性を受け入れることで第一段階として、不安に対して焦るということは防げます。

 

・しかし和らげることは可能

ただし完全に不安を取り除くことができないからといって和らげるのさえ不可能だというわけではありません。

 

第二段階として不安を可能な限り和らげる考え方を紹介します。

 

それは誰もが同じ不安を抱いていて、同じ状況に陥ってるのだと考えることです。

 

今自分は本番でちゃんと点数が取れるか不安だけどそれは他の人も同じで、勉強に集中できなかったり、寝れない人の方が多いと考えてみましょう。

 

そうすれば今の状況はフェアのもので自分だけ損をするなどという不安は払拭できます。

 

本番で点が取れない可能性という不安は消えませんが、その不安のせいで勉強に支障をきたしているという考えはなくすことができるのです。

 

もしそう考えるのが難しいなら友達に実際に今不安になってるかどうか聞いてみると良いでしょう。

 

おそらく本当の天才以外は不安じゃない人などいないと思うので、友達も同じ気分なんだとしれて少し安心するはずです。

 

スポンサーリンク

・不安で勉強に集中できない時の対処法

ここまででとりあえず不安を緩和することはできますが、完全に取り除くことはできません。

 

ここでは不安のせいで勉強に集中できない時にどうやったら勉強に集中できるかお話しします。

 

あくまで不安を緩和するわけではなく、とりあえず勉強に勤しむ方法だということは注意してください。

 

ではまず方法を述べるとすると、勉強以外に逃げられない環境にいきましょう。

 

では詳しく話していきます。

 

・勉強以外に逃げられない環境に行く

まず不安になって勉強に集中できない状態に陥った時にどういう行動を取るかというと、ネットで不安を解消する方法を調べたりとか、もしくはyoutubeなどで気を紛らわせようとするでしょう。

 

もしくはSNSなどを見てとりあえず落ち着こうとする人もいるでしょう。

 

また不安で集中できない時、寝転んだり座ったままだらだらその不安について考えてしまったりします。

 

それらの勉強以外のことをできない環境に行くのです。

 

例えば図書館とか塾の自習室など何かに集中する人が集まる場所です。

 

そしてそこには携帯も絶対に持っていかないようにしましょう。

 

そうすることで周りの空気から勉強せざるを得ず、不安になったとしても逃げ込む先が勉強しかありません。

 

そうやって環境から追い込むことで不安になったとしても勉強ができるようになります。

 

・眠れなくなった時の対処法

最後に受験1週間前ぐらいからとかによくある、不安で眠れない時の対処法を紹介します。

 

ただし受験前日に関しては正直冷静にこの対処法を行えるかといえば難しいかもしれませんが、できる人は試してみてください。

 

その対処法のポイントは2つあります。

 

眠れない時の対処法

・5〜10分眠れなければ布団から出る

・昼間にできるだけエネルギーを使う

 

ではそれぞれ解説していきます。

 

・5〜10分眠れなければ布団から出る

まず布団もしくはベッドに入って5〜10分経っても眠ることができなければ布団から出るようにしましょう。

 

それ以上寝るための場所にいるとそこを寝る以外の場所と脳が認識してしまい、余計に眠れなくなってしまいます。

 

それにそのままいたとしても寝れないなら、一旦起きて何か頭を使わないような単純作業をすると良いでしょう。

 

注意すべきことは携帯はあまり触らない方がいいです。

 

画面を見ることで脳が活性化してしまいより目が覚めてしまうからです。

 

・昼間にできるだけエネルギーを使う

特に受験の前日なんかは昼寝はしないようにしてできるだけ夜眠たくなるようにす流のがおすすめです。

 

基本的には昼寝をした方が午後以降の勉強効率が上がるのでいいのですが、受験1週間前は別です。

 

とにかく夜眠れるように昼寝はせず、軽く運動をしてみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

・みんな不安を感じてる

とにかく今回伝えたいことは不安を感じてるのは受験生ならみんな同じです。

 

ですから不安を感じたとしても他の人も同じ状況でフェアなんだと考えるようにしてみてください。

 

そうすれば少しは和らぐでしょう。

 

では今回はこれで終わります。

 

最後まで閲覧ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました